スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GOSICK 第3話 「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」

今更だがサブタイトルの付け方が好きです。


本編の前にOPの話でも。この作品のOPっていいですよね。自分の中では今期アニメの中でも1・2を争う出来だと思っています。絵本のようなタッチの絵がたまらん!あのタッチで本編を作ってたらどうなってたのかな~なんて想像してみたけど、それはそれで変になりそうだと思ったので考えるのをやめたww


いや~、それにしても今回はおもしろかった!正直に言いますと、前回までの話ではそこまでこの作品に引き込まれなかったんですよ。たしかに作画はレベル高いし、岡田さんの紡ぎだす世界観は魅力的だし、ヴィクトリカはかわいいし・・・でも引き込まれなかった。なにかしらの「決定打」がなかったんですよ。


ああ、言おう・・・今回はめっちゃ引き込まれたよww!!1話からのトータルで見て今回は素晴らしかった。今まではどこか話がぶつ切りで、盛り上がる前に全てが終わっちゃっていたが、今回は今まで貯めに貯めてきたものを一気に放出した感じ?まぁ伏線のことを言ってるんですけどね。よくもまぁこれだけバラバラだったピースを繋ぎ合わせたなと。ヴィクトリカ風に言えば「混沌の再構築」か?



予想通り10年前の子供の復讐だったわけですが・・・まさか第一次世界大戦という史実を絡めてくるとは思いもしなかった。現実の史実を扱うことで一気にリアリティ、というか親近感のようなものがわいてきて、物語の深みが増しますな。つーか実写(に近い神作画か?)が出てきた時はさすがにビビったww


当時の世界情勢、つまり誰が信用できて誰が信用できないのか・・・といった疑心暗鬼を払しょくする為に、船という縮小世界を用いての占いを敢行したわけだ。この結果で同盟の有無を決めるという。船の中を小さな世界と見立てての占い、というより実験。箱庭シミュレーションのようなもんか?


こりゃ復讐したくもなるわなww大学では法学部だったりする私から言わせれば、彼女達には情状酌量の余地がユーラシア大陸の広さ並にあるかとww当時の法律がどうかは知らないから、彼女にその後どのような判断が下るかは知らないけどね。それにしても占いで生き残った国。イギリスはずるくないか?あいつが引き起こしたくせにちゃっかり同盟国になってんじゃん!・・・当時のイギリスの国力を思えば妥当かorz


それにしてもヴィクトリカがデレた件について書かねばなるまい!!うん、可愛かったおwwどこまでが本心なのかはわかりませんが、そんなのこの際どうでもよくね?彼女が九城を心配していたのはうそ偽りのない本心でしょうし。もうヴィクトリカが可愛い。それだけあれば推理なんてどうでもい~んだよ


今回の犯人だったジュリィとメイドの人(名前出てこんww)との友情も物語のポイントの一つか?地獄のような占いの中、たった一つ見つけた友情。10年の時を経てまさか同タイミングで復讐を果たすことになるとは。そんなジュリィだからこそ、絶望的な船内で互いに信じ合うヴィクトリカと九城を昔の自分と重ねて見たんだろうな~。


いよいよ推理ものっぽくなってきて楽しめそうだぜGOSICK!来週は新キャラっぽいのも出てくるみたいだし、ヴィクトリカがヤキモチなんかえを焼いてくれるシーンがないかな~と今からニヤニヤしている自分がいますww
スポンサーサイト
[ 2011/01/27 15:37 ] アニメ GOSICK | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

天瀬上様

Author:天瀬上様
主にアニメに関する感想などをつらつらと書いています。

コメント・TB大歓迎です!

リンクフリーです。超リンクフリーです!!

相互リンク希望の方は、最新記事にコメント等を頂けると幸いです!超幸いです!!!

FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。